トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

レ・ミゼラブル

初見。


ラッセル・クロウが歌ってるぅ、ぷすすー。



あらすじ

あの有名な作品のミュージカル映画化。



Les Misérables



やっぱり良いわなー、ミュージカル映画☆ それだけでワクワクするもん!


『レ・ミゼラブル』は今までミュージカルは観た事ないけど、リーアム・ニーソン主演の映画(こちらはミュージカルではない)のみ鑑賞済み。


で…やはりそうなると、どうしてもミュージカルは歌が挿入される分、テンポも大事になってくるし、リーアム版に比べると描かれ方が半端に感じられるのは否めない。「ここが感情移入できるポイント!」ってところも、情熱的に歌を歌って終わり。でもそれでいいんだよ、だってミュージカルだもの


ヒュー・ジャックマンは、ムッキムキ鋼ボディのウルヴァリンのイメージが強いが、これまでにミュージカルや舞台をこなしてきた経歴を持つことを知ってたから、さすがの安定感だなぁと思って観てたけども…。


問題はラッセル・クロウ。


いや別に悪くはなかったよ? 狡猾にヒューを追う法の番人らしいイヤラシさが顔に滲み出てたし。役柄的には良いんだけど、如何せん「あのグラディエーターが歌ってる」という違和感が渦巻き過ぎて、最後の最後までそれを拭い去る事は出来ませんでした…って事で。


ラッセル・クロウ
歌うラッセル・クロウ。低いながらも意外な美声がまたウケポイントになろうとは、彼自身も知らず。


まぁミュージカル映画はさ、もちろん内容も大事な訳だけど、メインは歌だからそこを楽しめればいいのではないのかね、と。今作はテーマも重く、心理描写や人間関係を描く必要性が高かっただけに、求められていた基準に達する事ができなかった印象かな?


もしミュージカルにこだわらず、この物語を楽しみたい人は、リーアム・ニーソン版の方が遥かに優れていると思うので、そちらをチェックしてみてはどうでしょう~。


ってか、ミュージカル映画観たくなってきたーー!!
『シカゴ』あたりもう一回観ようかな♪
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

ベネディクト

Author:ベネディクト
映画への愛は半端じゃないですが、適当な性格なので、愛がうまく伝わっているか自信がありません。というか、何の話をしてるんでしょうかね、私。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。