トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

怖来 FU-RAI

初見。


私的には10点満点中8点。



あらすじ

一面に真っ白い粉が散りばめられた部屋で目覚めた男女4人。お互い見知らぬ者同士で、なぜこの部屋に閉じ込められているのかも分からない。犯人の目的とは!? って感じの普通の密室系映画。



怖来



密室系映画LOVEの私が、ふと「そう言えば、邦画版の密室シチュエーションスリラーって観た事ないな」と思い当たり、調べてヒットしたのが今作。


「どれだけKUSOでも構わない、とりあえず観たい」そんなフワリとした想いが芽生えたその時、↑のパッケージ画像が目に飛び込んできて「死んでも観たい」という確信に変わった。


何、あのオカッパ全裸!!


実際は大して重要な描写ではないのに、このシーンをパッケージに選ぶあたり、なかなかニクいチョイスだよね。こうやって興味を持つアフォ(私)がいるんだから。


まぁオカッパ全裸はさておき、作風としては低予算臭プンプンで安っぽさは否めない。映画を観終わって「何じゃ、こりゃ」と思う人もいるかもしれない。というか、思う人の方が多いと思う。


でも!! でも、私は面白かったんだよ! なぜかって!?


それは以下ネタバレでどうぞ☆↓















なぜ面白かったかと言うと、それはオチに全てが凝縮されてるから!


あと5分もしないうちにエンディングを迎えるってーのに、その時点で、彼らが受けてきた数々の仕打ちの謎が1つも解明されてなかったのよ。↓


・白い粉だらけの部屋
・定期的に飲まされる謎の液体
・髪の毛を剃られて丸坊主
・ネバネバした液体を浴びせられる
・なんか変な物を全身にひっつけられる
・高温で熱せられる部屋



見た目ではどれも結構インパクトはあるから「理由はないけど、とりあえずやっとくか」的な投げやりのまま終わるのかと思いきや…!!


ラスト2~3分で上記の謎全てが解明されちゃったよ!


しかも、彼らが拉致される時にボッコボコに殴られてたんだけど、それすらもちゃんとした理由があったのだと判明。そこは疑問視してなかっただけに、思わず「これもかい!」とツッコミを入れてしまったわい。


途中でオチに繋がる黒幕たちの会話も挿まれるから、そこで気づいた人は「やっぱりか、もうちょっとヒネろよ」とガッカリするかもしれないが、微塵も頭をかすめなかったワイは、純粋な驚きを堪能できたよ。


鈍感バンザイ!!ヽ(´∀`)ノ


直球ド真ん中で「そのまんま」過ぎるオチだが、過程と結果にブレがない点は評価できるんでない? 大袈裟でハイテクな罠を仕掛けるのに、ラストで明かされる目的がショボい類の密室系映画よりは面白いと思うけどなぁ。


※ちなみにオカッパ全裸について言及すると、白い粉の部屋で目覚めた時は皆全裸だったが、落ちていた布の切れ端争奪戦に負けたため、彼だけほぼ全編全裸に。そしてオカッパなのは彼の好み。ということで、全裸&オカッパの設定、共に必然性なーし。

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

ベネディクト

Author:ベネディクト
映画への愛は半端じゃないですが、適当な性格なので、愛がうまく伝わっているか自信がありません。というか、何の話をしてるんでしょうかね、私。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。