FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

9+1 ナイン プラス ワン

初見。


なぜ及川中監督は、ホラーを作るとB級になるんだろう…。



あらすじ

あるミュージカルのオーディションで知り合った9人の女の子が、1年ぶりに顔を合わせて、オーディションに参加していたもう一人の少女について、ギャーギャー揉めたり、疑心暗鬼になったり、あと……ほら。いろいろするお話。


9+1



観始めて1秒でB級だと分かるこの安定感。


演技も演出も展開も残念。途中「おっ、このへんから怖くなりそう」という部分が2~3箇所出てくるが、気づいたらそんな期待もフッと消滅。面白そうになる片鱗をのぞかせただけに、少~しだけ落胆しちゃうよね。


しかも主演の子が一番演技が下手というのも、何だかね…。オチも特に意外性はなく「ほーらね…」と思いきや、冷静に考えると「えっ、どういうこと!?」と混乱が襲ってくる不思議。


以下ネタバレっす↓













+1の女の子である奈美って子は、歌も踊りもパーフェクトだった。それに嫉妬した主人公以外の8人が奈美をいじめて、合宿所から追い出しそのまま失踪。


1年後、再び集められた9人は、奈美が復讐するつもりだの、誰かが奈美を殺したんじゃないかだの、ギャーギャー揉めた挙句「揉めても仕方なくね?」という結論に至り、さぁこれからパーチーしましょ♪って開き直った時に、大虐殺に遭い次々と昇天。


でまあ、想像通り犯人は主人公で、生き残った準主役の子に動機を告白。


奈美は私なの。1年ごとに、奈美が表に出てきて、血を欲するの」
なーる。二重人格ね。……ん? ちょっと待てよ、と。ここで混乱するのよ。


二重人格だとしても、奈美の時も主人公の時も顔は一緒だよね。同じ顔ならば、奈美=主人公だと安易に気づけるはず。ちなみに奈美の外見は、幽霊みたいに髪の毛がだらーんと顔を覆っていて、表情が一切見えない仕様になっている。っつー事は……。


誰一人として、奈美の髪の毛の奥にある素顔を見た事がないという事!!



………………………。



マジでぇぇぇぇぇ!!??(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェ



おかしくない? それ、おかしくない? オーディションなのに、顔見せないっておかしくない? いくら歌と踊りがパーフェクトでも、さすがに役取れなくない? というか、あの奈美が完璧な歌と踊りを披露できた事が奇跡じゃない?



<奈美、完璧な歌と踊りを披露するの図>
9+1



奈美は「顔を見せたくない」という役者にあるまじき痛手を乗り越え、世の中の矛盾を超越する実力で大衆のハートを掴んだんだね、きっと。ワイはそう信じてる!!


ちなみに、このミュージカルは結局上演されなかった、という話が劇中に出てきたから、てっきり開催側に罠があったのかと思いきや、ただ単に企画がオジャンになっただけの模様。まぎらわしっ!!(ズコーッ)


スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
112: by シャロン on 2013/07/11 at 05:20:07 (コメント編集)

確かにそうですよね、二重人格なら他の人には1人にしか見えてないわけだし、気がつかないわけがない、ダンスだって髪垂らしたままなんて怖すぎます。。。

1秒でB級って…どの部分で気がついたんでしょ、早すぎます(笑)。

113:二重人格… by クロツ大尉 on 2013/07/11 at 15:46:44

よりによって二重人格ってオチで逃げるのはいかがなものかなと… ファイトクラブのオチがそれだったときはイスからずり落ちそうになり増したからね

115:コメントありがとうございます♪ by ベネディクト on 2013/07/11 at 21:23:08

>シャロンさん

こんばんは!!

そうなんですよね~、あの幽霊ヘアーのままのダンスなんて
考えれば考えるほど不自然極まりないんですが、
誰も気付かなかったとなると、それ以外考えられないんですよね…。
オーディション受ける際、履歴書の写真とかどうしたんだろう(笑)

やはり直感ですかね!
知り合いを見つけて「あ、○○さんだ!」と気づくのと同じ感覚だと思います^^
B級映画って、がっかりする反面、実は何気に好きだったり…。

116:コメントありがとうございます♪ by ベネディクト on 2013/07/11 at 21:42:15

>クロツ大尉さん

こんばんは!!

『ファイトクラブ』は、後々にあっと言わせる伏線があったからこその
あのオチだったので、私はなかなか驚かされました(ノω<;)
でも『9+1』の方は、あの状況下で二重人格を使うには
ちょっと無理矢理な感じがします…。
夢オチに次ぐ禁じ手ですね(笑)

118: by クロツ大尉 on 2013/07/13 at 15:24:05

それから考えると美内すずえ先生の「ガラスの仮面」は王道にして正統なストーリーテリングですよね… しかし連載が長すぎて北島マヤが桜小路君とデートしてケータイで撮った2ショットを待ち受けにしてるのとか見ると違和感を感じますけどね(笑)

119:コメントありがとうございます♪ by ベネディクト on 2013/07/13 at 22:08:43

>クロツ大尉さん

こんばんは^^

すみません、『ガラスの仮面』は一度も読んだ事なくて…(汗)
時代の流れを感じ取れるくらい、かなり長~い連載のようですね!
…ってこれ、まだ連載中なのかぁ!!
読者の心をがっつり掴む内容なんですね~、スゴイ(・∀・)b

121: by クロツ大尉 on 2013/07/14 at 10:30:07

しかし、あらすじだけでもスタニスラフスキー・システムを根底からひっくり返してるような斬新な演出というのは分かります(笑)

123:コメントありがとうございます♪ by ベネディクト on 2013/07/14 at 23:19:20

>クロツ大尉さん

こんばんは!!

確かに斬新と言えば斬新かも(笑)
あらすじ一つで、作品の全体像が見えるのも珍しいですよね(´ω`*)

プロフィール

ベネディクト

Author:ベネディクト
映画への愛は半端じゃないですが、適当な性格なので、愛がうまく伝わっているか自信がありません。というか、何の話をしてるんでしょうかね、私。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR