FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

LOFT-完全なる嘘(トリック)-

初見。


オランダ語の響きが可愛い!



あらすじ

仲良し中年5人組の男たちが、妻に隠れてニャンニャンするためのロフトルームを共有していた。ある日、ロフトを訪れると、ベッドで死んでいる女性の姿。何だよ、これ。誰が殺したんだよ。警察に行ったら浮気がバレるし、どうしよう。ってな感じで、焦る焦る。うん、自業自得だネ!


LOFT



ナイス、サスペンス!! なかなか良くできた作品だったヨ。


ビックリ仰天奇想天外なオチではないし、振り返ってみると伏線いっぱいだけど、それは全てが明らかになってから分かる結果論。モヤッとしたものが残らない、素直に「なーるへそ!」と思える映画だったね。


で、これ。オランダ映画なんだけどさ、ところどころ聞き取れる単語が、なんか可愛いんだよ。たとえば…↓


警察→ポリッチー
ビール→ビーチュ


可愛いなぁ、オイ!!


これらの単語が中年のオッサンから発せられているのもポイントだよね。加齢臭漂い始める頃のスーツ姿のオジサマが「ビーチュ、ビーチュ」真面目に言ってる可愛さよ。こういう外国語の響きを楽しむのも、映画の魅力の一つだよね。


以下ネタバレだよ↓













何の罪悪感もなく妻に隠れてバンバン浮気しまくる男たちなので、本当に自業自得としか思えない話なんだけど、不思議と彼らの行動にあまり腹が立たない。


浮気は許しがたい行為である事に変わりないが、殺人事件に巻き込まれるほど罪は重くないし、彼らの好き勝手っぷりが逆に気持ち良い域まで達してるもんだからさ。いい年こいた大人のくせに、少年の輝きを持ちすぎなんだよね。正直、まぶしいわ!


5人の男それぞれ、きちんとしたキャラ立ちができており、浮気っぷりも多種多様見られて面白い。


・マティアス→色男担当。落としがいのある女性を狙うハンター。
・ロブ→メガネ担当。浮気は大嫌い。妻一筋のはずだが…?
・バルト→真面目担当。一人の女性とのみ浮気。妻への愛はない。
・ウィレム→オチャラケ担当。女性なら誰でもオッケー。
・トム→キチ○イ担当。女性への接し方に問題あり。



また、時間軸を前後して徐々に真実を見せるやり方もニクい。下手したら「あれ、これいつの話だ?」と一瞬悩む時もあるが、それを頭の中で整理するのもまた一興。


ただどうしてもハッキリしておきたいのは、ロブが情事を隠し撮りし始めたタイミング


運命の女性サラと出会う前か後かによって「計画の一部」か「隠し撮りの変態」か明暗が大きく分かれる事になるよね。隠し撮り好きそうな顔してるから、余計に紛らわしいわ


そしてこの映画、調べてみるとどうやらベルギー映画『ロフト.』のリメイク版だそう。


ロフト.


へぇー……。


なんか結構、そのまんまリメイクされた感じっぽいね!


このパッケージ画像を探す時、目に入ってたのにオランダ版かと思ってスルーしてたわ。オリジナル版のこちらも観てみたいけど、しばらくはいいかな。お腹いっぱい!


スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
69: by シャロン on 2013/07/01 at 14:02:59 (コメント編集)

これ、オリジナルの方は観たのですが、リメイク版はまだ未鑑賞です。

ほとんど同じ感じなのかな~
どっちにしても、「男って・・・」って印象の映画なんでしょうね(笑)

72:コメントありがとうございます♪ by ベネディクト on 2013/07/01 at 19:34:22

>シャロンさん

こんばんは!!

ほぉ、オリジナル版観たんですね^^
私も観てみたいのですが、もう少し時間を置いてからですね…(笑)

もう本当に「勝手にやってろ」って感じですよね。
ニャンニャン目的のためだけに、わざわざロフトを作るなんて、
どんだけ浮気に力を入れてるんだよ、と(笑)

99:秘密基地 by クロツ大尉 on 2013/07/09 at 00:25:13

厨2病を拗らせる前は秘密基地って好きじゃないですか?この主人公たちはその頃のマインドとメンタルを持ったまま今日にいたってるのかも…
そう思うと浮気の為の部屋といってもいやらしい感じはしませんね、むしろ浮気部屋持ってるのが羨ましくて仕方ないっす!!

103:コメントありがとうございます♪ by ベネディクト on 2013/07/09 at 21:48:05

>クロツ大尉さん

いいですねぇ、秘密基地!!
響きが良過ぎて心が震えますね(笑)

少年の心を持ったまま、大人の情事を重ねる主人公たち…。
そして、あの浮気部屋はネバーランド??
だとしたら、いやらしさは皆無ですね^^

全世界の男の夢ですよね~~。
もしくは自分専用の部屋にし、でっかいホームシアターを設置して、
心ゆくまで現実逃避したいですね(笑)

プロフィール

ベネディクト

Author:ベネディクト
映画への愛は半端じゃないですが、適当な性格なので、愛がうまく伝わっているか自信がありません。というか、何の話をしてるんでしょうかね、私。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR