FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
26: by シャロン on 2013/06/19 at 13:29:15 (コメント編集)

これ、レンタルショップで観て、鑑賞しようか悩んでいたんですよ。
ジャケ写でも危なっかしい臭いがプンプンだったから(笑)

ヤッパリ…な、内容が分ってよかったです。
レビューでお腹一杯になれました^^

28:コメントありがとうございます! by ベネディクト on 2013/06/19 at 20:40:44

>シャロンさん

こんばんは!!

おぉー、ギリギリセーフでしたね(笑)
私は、まんまとサメ+密室系の罠にハマり、手を伸ばしてしまいました…。
アヤシイと分かってても、人間って「もしかして面白いかも」という
希望をかけてしまうものなんですね。で、案の定、後悔の嵐。

逆にシャロンさんにも鑑賞していただいて、
感想を聞いてみたい気持ちもあったり(笑)

私のような適当ブログでも、
残念映画の鑑賞を阻止できて良かったです^^♪

シャーク・ウィーク

初見。


密室サバイバルスリラーパニックちょこっと恋愛映画。



あらすじ

突然、監禁された男女。本当の名前はタイブロンなのに、皆からはティブロンと間違われて呼ばれる男は言う。「一日一種類のサメと戦い、最後まで生き残れば助けちゃる」と。な、なんだと!? 果たしてティブ…じゃなくて、タイブロンの思惑とは!?(←結構早い段階で分かります)


シャーク・ウィーク


これ、ジャンル分け複雑だわ。いきなり監禁されてデスゲームを強いられるあたりは密室スリラーなんだけど、この映画、ものの数分で屋敷から出てサバイバルするからね。そしてサメでパニック系も押さえ、安っぽい恋愛要素も何となくいれる、という。


ちょっと欲張り過ぎだね!!


だから皆、うっすらと気づいてると思うけど、残念な仕上がりになるんだよ。


以下ネタバレっす↓


















物語的にツッコミどころがワンサカあるのは当然なんだけど、何よりもまず「CGが大変チープ」という段階で、低予算臭プンプンで萎える。


脅威の対象であるサメも、水の中からのカットが多いため暗くてよく見えない。人間が襲われるシーンもやたらと揉みくちゃになって、泡がぶわーっと散乱するので、これまたどうなってるのかよく見えない。せいぜい水が赤く染まって「はい、食べられましたー」的な。


多分、本物のサメは一切使ってないと思うので、そのへんがまた手抜きな感じがしたんだよね。『オープン・ウォーター』を見習えよ、と。あんなん、本気でチビるわ。“こんな死に方はイヤだBEST3”に余裕で入るわ。


で、肝心の物語。


もうね、バリバリのCGサメで冷めたところに(韻を踏んでみました)、ぐでぐでの物語が絡んでくるもんだから、普通ならばハラハラドキドキできるようなシーンでも、何の感情の起伏もなく冷静に観る事ができたヨ。


登場人物の行動が安易すぎるんだよね。あらすじのとおり、一日一種類ずつサメをぶっ殺していく、正確に言えば“一日一種類のサメに必ず誰か一人は食べられた後に、そのサメをぶっ殺す”という事なんだけど。


何種類も存在するサメに対して、それと同じ数だけの“食べられ方”を演出しなけりゃならないから、登場人物が違和感バリバリな行動を取るのは当然な訳でさ。


なんか秘策があるっぽかったのに、結局なくてあっさり食われる女。サメは遠くにいて、足場に戻る時間があったのに水の中にとどまる女。行動派の人間たちがサメと戦っている間、何もしない人達もわざわざ水の中に入る理由。ティブロンが本当はタイブロンという名である必要性etc…。


そして私が最も嫌う、何もせずに後ろでキャーキャー言っていただけの女が助かる、という設定。


まぁ、ティブロンの意図(息子が殺された背景で、関わっていた人間たちへの復讐)が早い段階で分かる、っていうのは良かった。内容がアレなのに、最後まで引っ張られてたら、観てる人はたまらんよね。


という事で、漏れなくKUSO映画の称号を得る事ができたこの映画だけど、前回の『バニーゲーム』の件があるから、私はなんだかんだで「愛のあるKUSO映画って、いいもんだな」とホッコリしている次第でございます。


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
26: by シャロン on 2013/06/19 at 13:29:15 (コメント編集)

これ、レンタルショップで観て、鑑賞しようか悩んでいたんですよ。
ジャケ写でも危なっかしい臭いがプンプンだったから(笑)

ヤッパリ…な、内容が分ってよかったです。
レビューでお腹一杯になれました^^

28:コメントありがとうございます! by ベネディクト on 2013/06/19 at 20:40:44

>シャロンさん

こんばんは!!

おぉー、ギリギリセーフでしたね(笑)
私は、まんまとサメ+密室系の罠にハマり、手を伸ばしてしまいました…。
アヤシイと分かってても、人間って「もしかして面白いかも」という
希望をかけてしまうものなんですね。で、案の定、後悔の嵐。

逆にシャロンさんにも鑑賞していただいて、
感想を聞いてみたい気持ちもあったり(笑)

私のような適当ブログでも、
残念映画の鑑賞を阻止できて良かったです^^♪

プロフィール

ベネディクト

Author:ベネディクト
映画への愛は半端じゃないですが、適当な性格なので、愛がうまく伝わっているか自信がありません。というか、何の話をしてるんでしょうかね、私。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。