FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

フェイシズ

初見。


ヒゲ効果。



あらすじ

ある日、ミラ・ヨボビッチはまさに殺害が行われている現場にでっくわしてしまう。「やっべ!」とミラも犯人もあたふた。逃げるミラ、追いかける犯人。もみ合いの末、橋から転落して頭ごっつんしたミラは、人の顔を識別できなくなっていた。これじゃあ、犯人の顔もワカラナイヨ!


フェイシズ



と、まあね。映画的にも犯人的にもオイシイ設定だことで。これ、あれかな。最近ブラピが、患っていると告白していた失顔症ってやつと一緒なのかな?


私がもし失顔症になったら、うまく生活できるか不安だわ。人見知りでシャイなあんちくしょうだから、心をさらけ出せる限られた人物の判別もできなくなったら、自分の殻に閉じこもるしか出来なくなるぢゃないか! 切ないではないっすか!!


少しネタバレよ↓


















しかし、この映画のミラみたいに、こんなにゴロゴロ人の顔が変わるもんなのかね?


日本人の私から見たら、外人さんの顔の特徴を押さえにくいから、知っている俳優以外(ミラの友達役とか、セラピストとか)の顔がゴロゴロ変わっても、もとの顔をあまり記憶してないため「あれ? これ、顔変わったの?」とイマイチ分かりづらい。


そのへんの分かりづらさは、不気味な効果音とミラの驚いた表情で「あ。今、顔が変わったんだな」と確認しつつカバー。それはまるで、この映画の中のミラが、恋人を判別しようとせっせとネクタイの絵を書くみたいに、小さな糸をたぐり寄せる作業と似てるよね。この時のミラの気持ちを観客に体感させるために、わざと覚えにくい顔の俳優を起用したんだね、きっと。←違う


映画の内容としては、ぶっちゃけ犯人は早い段階から見当がつくし、普通のスリラーなので、“顔の識別ができない”という設定ありきの映画だったかな、という感じ。


唯一気になったのが、いつ犯人に狙われるか分からない緊迫感が続く中で、「顔がゴロゴロ変わる彼氏との刺激的な夜の生活」をコミカルな描写として挿んだこと。この描写は、のちに彼氏がミラのもとから去る原因となるから、必要っちゃ必要だけど、ピンと張り詰めた状況の中で「彼氏なんだけど、彼氏じゃない男との火遊び☆」的に描かれると、「は? 何やってんの、ミラ」とポッカーンとなる。


彼氏に捨てられてから、警官と結ばれるまでもやけに早かったし、そのへんが気になった! うん、そんな事誰も気にしないよね。でもやっぱり、ワイはそういう男女の恋愛が絡む部分はスルーできないみたいだわ。


だってアマノジャクですから!!(どーーん)


スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
19: by シャロン on 2013/06/14 at 07:19:23 (コメント編集)

彼氏なんだけど、彼氏じゃない人と火遊び…いいですね~(爆)

私も外国の方の顔はホボ見分けがつきません。
まだ観ていない作品ですが、私もきっと、ミラの表情と効果音でそれを知るでしょう。。。

20:コメントありがとうございます! by ベネディクト on 2013/06/14 at 18:44:32

>シャロンさん

ば、爆弾発言いただきましたーーー!!(笑)
浮気じゃないんだけど浮気、浮気なんだけど浮気じゃない…みたいな。
むむぅ、こんがらがってきたぞ。

西洋人から見たアジア系の顔が、ほぼ一緒に見えるのと同じ現象ですかね。
「全然、違うのに」と思いつつ、アジア人の顔を見てどの国籍の人か答えるテストを
やった事があるのですが、正答率が4割程度でした。

アジア人のくせに、自分、ダメじゃん…。

プロフィール

ベネディクト

Author:ベネディクト
映画への愛は半端じゃないですが、適当な性格なので、愛がうまく伝わっているか自信がありません。というか、何の話をしてるんでしょうかね、私。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR