トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ドッグ・ショウ!

死ぬほど観た。


何度観ても飽きない! 好きだわ~。



あらすじ

犬の中の犬を選ぶ、犬のための祭典ドッグショー。「自分の犬こそ世界一だ!」と信じてやまない飼い主たちの、ショーにかける情熱を描いたドキュメンタリータッチの劇映画。


ドッグ・ショウ!



「一番好きなモキュメンタリー映画は何か?」と問われると、私は質問者が「一番好きなモキュ…」ぐらいまで言ったところで、言葉を遮りつつ「ドッグ・ショウ!」と興奮ぎみに答えるだろう。迷いは一切ない。


これ、本っ当に好き。本物のドキュメンタリー映画は嫌いなんだけど、フェイクドキュメンタリーは好きなんだよね。


モキュメンタリーは「本物っぽい偽物」なので、あんまり過剰な演出をしたらシラケてしまうんだけど、この映画の出演者は変わった人が多いながらも、「現実にいそうな変わった人」の範囲にとどまっているので、その現実と非現実のギリギリさが絶妙で良い。


ちなみに、パッケージ画像左下の、ブラッドハウンドを撫でているヒゲちょび男こそ、この映画の脚本・監督・出演を担うクリストファー・ゲスト。彼は、リアルで自由な演技を引き出すために、俳優たちには即興で演じてもらったんだそう。どうりで、本当にインタビューを受けているかのような、自然な感じだったんだね~。納得!


しかも、映画に使うためのドッグ・ショウの撮影許可が下りなかったらしく、「ならば、自分らで作ろう」という事になり、何百頭という犬のオーディションやらを経て、自分たちのドッグ・ショウを開催させたというんだからスゲェや。


クリストファー、あんたのその情熱はどこから来るのさ!?(ぶわぁ)


そんな涙ぐましい努力を知らずに、今までこの映画をリピートしまくっていた訳だけど、裏事情を知らずともワイの心にはちゃんと響いてたぜ!


ちなみに、この映画の数年後、ほぼ同じキャストでフォークソングを題材とした『みんなのうた』というフェイクドキュメンタリーも作っている。こちらも私は大好きで大好きで仕方ない。好きな映画の“キャスト再び集合”的な映画って、嬉しくなるよネ。うふふ。


みんなのうた


またこれが良い歌ばっかりなんだから、ニクイねっ、クリストファー!!


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

ベネディクト

Author:ベネディクト
映画への愛は半端じゃないですが、適当な性格なので、愛がうまく伝わっているか自信がありません。というか、何の話をしてるんでしょうかね、私。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。