FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

羊たちの沈没

死ぬほど観た映画。


タイトルは間違ってませんので。



あらすじ

『羊たちの沈黙』と『サイコ』を主軸に、随所パロディが散りばめられているおバカパロディ映画。



羊たちの沈没



これ、原題は『The Silence of the Hams』で、本家の『羊たちの沈』は直訳どおりの『The Silence of the Lambs』なんだけど、これを『羊たちの沈』という邦題をつけた人のセンスには脱帽するわ。あら、こんがらがりそう?


そして、このパッケージ↑ 一瞬、本家かと見紛うが、あれ…よく見ると、なんか違…う? みたいな。その絶妙なパクリっぷりが良いよね。ちなみに本家はこちら↓


羊たちの沈黙
っていうか、こうやって比べて見ると全然違うね! AHAHAHA!!



はじめに断っておくと、これ本当におバカ以外の何物でもないから。こういうのが苦手な人は、シラけきって一言「バカバカしい。観て損した」と呟くだろう。だが、そんなあなたは実はその「バカバカしい」という感想が、この映画にとって最大の賛辞であり、あなた自身も楽しんだという事に気づいていないのダ。


だっておバカ映画なんだから、バカバカしくて当たり前ですもの!


バカであればあるほど魅力が増す、矛盾に満ちたジャンル、それがおバカ映画。私はおバカパロディが大好物なので、『ほぼトワイライト』や『ほぼ300』、『アホリックス』など、本家を観た事ないのにパロディだけを観て「あ、このシーン、パロディの方であったわ!」などと、おバカの方から学ぶ事も多々ある。


さぁ、主軸は上記2つの映画(どちらかと言えば『サイコ』寄り)なのだが、ワンシーンのみも含めてのパロディならば、思い浮かべるだけでこれだけある↓

・ユージュアル・サスペクツ
・氷の微笑
・ドラキュラ
・ミザリー
・ウーマン・イン・レッド
・幸福の条件
・トータル・リコール
・エクソシスト
・ターミネーター
・アダムス・ファミリー
・スリラー(MJ)


ちなみに上記のどれもが、ちょっとでもヨソ見したら見逃す程度の引用なので、本編には直接絡んでこない。やりたかったからやっただけなんだろうね、きっと。


出演者も、主人公ジョー・ディー・フォスター役のビリー・ゼーンや、シェリー・ウィンタース、ドム・デルイーズ、マーティン・バルサム(本家『サイコ』同様、探偵役を演じる)等々、何気に往年のスターが出演してたりして、内容とは対照的に非常に贅沢。


私としては是非ともオススメしたい一品だが、自分が映画に何を求めるかを問うた上で、世の皆様方のレビューを参考に検討してから鑑賞に至っていただきたい。なかなかボロカスに言われてらっしゃるのでね、「こんな映画、オススメしてんじゃNE-YO!!」って文句言われても、ワイは知らないからね☆


スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

ベネディクト

Author:ベネディクト
映画への愛は半端じゃないですが、適当な性格なので、愛がうまく伝わっているか自信がありません。というか、何の話をしてるんでしょうかね、私。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR