FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

世界で一番美しい夜

初見。


この映画の感想を書く際、プリンセスプリンセスの曲“世界でいちばん熱い夏”が頭の中をリピート。



あらすじ

とある寂れた小さな村にやって来た新聞記者の一八(イッパチ)。村民に話を聞いていくうちに、一人の男が抱える計画と秘密を知る事となる。そしてそれが実現されたその夜、村に世界で一番美しい夜が訪れる。


世界で一番美しい夜



うん。これ、なかなか面白かった! トンデモナイ内容の裏側に、数々のメッセージが隠されているんだな、っていうのが伝わってくる。


この映画、R18指定だっけ?を受けているみたいね。私が鑑賞したのは無料視聴できるサイトでだったんだけど、どうやらR指定を食らいそうなシーンは全てカットされてたっぽい。いわゆる「この映画の見所」と呼ばれる部分も勿論カットされてたんだけど、別になくても問題なく観れたけどね。必然性は感じなかった。


「どうしてもそのシーンが観たいんだいっ!」という人だけ、借りるなり買うなりして観ればよいと思うヨ。そして以下ネタバレだヨ↓




















さて。メッセージ性があるのはとても良いのだけども、前述のとおり根底がトンデモナイので、見る人を選ぶ映画だな、という感じ。


記者のイッパチが、この小さな村の秘密を暴いていくんだろうな、というイメージが何となく湧いているところで、突然、バーのママがイタコのような能力を持つ事実が露見するし、「これ、どういう話なんだ?」と少し困惑。


石橋凌演じる革命を起こそうとしている男も、見た目はクールだけど、心には熱い何かを燃やしているぜ的な感じで、彼の吐き出す悲痛な想いがまた、とても心を打つもので。↓


いつも思うんだ。たった一晩、たった一晩でいい。
全世界の子供たちが腹いっぱい飯が食えて、誰にも殴られず、
心配せずにぐっすり眠れる夜が、たった一晩でもあればいい。
たった一晩だぜ?

俺たちはそれすらできない。
下劣な権力争い。汚い金儲け。
てめえの国や宗教や民族が他の連中より上だと証明するために、
人を殺し、女を○○し、誰かを飢え死にさせ、
てめえの都合で勝手に歴史をねじ曲げやがる。




そうだよ、そのとおりなんだよ!あんた、何て良いこと言うの!(涙)


戦争とは正反対の事をすればいいんだ。そう、ニャンニャンするんだよ。
うへへっ。

(※ストレートな表現を避けるため言い方は変えましたが、ニュアンスは合ってます)



……さっきのワイの感涙を返せや、ゴルァァァ!!! 


ほんの数秒前までは、世界の矛盾と戦う孤高の革命家だったのに、たったの一言で、ただの変態オヤジへと大変貌。イッパチの「あんた、バカでしょ」というツッコミに全力で同意するわ。


結局のところ、彼はニャンニャン爆弾を作っていて、この煙を吸った人はみるみるうちにニャンニャンしたくなる、だから争いもなくなる、らしい。


彼の出した答えが正しいとは、私は断じて思わない。思わないけど、じゃあ、殺し合う事とニャンニャンする事どっちが良いか問われると、答えは言うまでもない。


彼がまだニャンニャン計画を明らかにする前、イッパチが彼に投げかけた言葉が私の中に残るんだよな。


「だから爆弾で人を殺すんですか」


口調は強かったけど、彼を否定する訳でも糾弾する訳でもない。人を殺すのをやめさせるために人を殺す、その矛盾に憤りを感じながらも、では自分はその殺し合いを最良の方法で止める事ができるのか。そんな思いが、イッパチを通して自分の中に流れ込んで来たんだな、これが。


まあ、でも結局こいつは、ニャンニャン爆弾だったから良かったんだけど。
いや、いいのか?


スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
23: by シャロン on 2013/06/16 at 23:57:34 (コメント編集)

なる程…みんな仲良くなれる…

って、ないでしょ(笑)
男同士はダメなんでしょうし、そこは仲良くならないでいいんですね。

アチコチで病気が蔓延して違う理由で人類滅びたりして。。。

24:コメント感謝です! by ベネディクト on 2013/06/17 at 18:59:42

>シャロンさん

こんばんは!

どうなんでしょうね、男同士でも女同士でも
とりあえず戦争さえしなけりゃいい、みたいな?(笑)

確かに、病気の蔓延も重大な問題になりそうですよね!!
あっちゅー間に世界に広がっていきそう…。

ニャンニャン爆弾計画、却下!!!!

プロフィール

ベネディクト

Author:ベネディクト
映画への愛は半端じゃないですが、適当な性格なので、愛がうまく伝わっているか自信がありません。というか、何の話をしてるんでしょうかね、私。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR