FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

バーティカル・リミット

初見。


「高度の限界」という意味だそうです。え? どういう事だって?
…………そういうこと。



あらすじ

数々の登山者の命を奪うも挑戦者が跡を絶たない山、K2。なぜ人々はその山に魅了されるのか。その山に隠された秘密とは!?……という話ではないんだけどね、この映画は。兄と妹の絆の話です。


バーティカル・リミット




こういう映画は細かい事を気にせずに楽しめばいい。兄と妹の熱い絆の行方とか、山岳アクロバティックアクションとか。



だーけーどー。



そうは問屋が卸さない。これが素直に映画を楽しむ事のできない、アマノジャクの悲しいところ。


以下ネタバレだわさ↓




















私は完全に登山トーシロで、知識はゼロに等しい。ただ「K2は危険な山」ぐらいはやんわりと知ってるかな、って感じで。


だから今からツッコむ事は間違っているかも知れない。的外れなツッコミをしてしまったのなら、素直に謝ります。人間の内面に秘めたる卓越した身体能力と情熱を侮った私を罵倒してください。まずはコチラ↓の図をご覧あれ。



バーリミ1

クレバスに落ちてしまった妹を助けるため、危険を顧みずに救出に挑む兄ピーターさん。どうやら、崖の向こう側に行きたい模様。ふんふん、腰にヒモを繋いで? 両手にピッケルを持って? え、「うぉぉぉぉ!」って。まさか、あーた。ちょっ……。全速力で走って? これ、まさか。まさか!!



バーリミ2



飛んだぁぁぁぁぁぁ(゜д゜;)!!!
それはまるで映画『バイハザード3』のミラ・ヨボヴィッチが己の二の腕のごとく自由自在に操るククリ刀よろしく、華麗にぐるぐると円を描きながらも力強く突き刺したピッケルは、妹を助けるために自分がここで死ぬ訳にはいかない、という意志の強さも相まって、ピーターを見捨てる事なく運命を共にする覚悟を決めたという事か!?(ワンブレス)



いや。無理だろ、これ。



飛ぶどころか、走る時点で無理でないの? あの高度で、歩くだけでも息苦しそうだけど。……と、こんな事でいちいちツッコんでたら、アクション映画全般がダメダメになってしまうから、ここは素直に楽しんだ者が勝ちなんだけどさ。


こういう人命に関わる映画を観ると、どうしてもモヤッとしてしまう。


クレバスに落ちた3名を助けるために、救助に向かったのは6名。結果、救えたのは1名。最終的に亡くなったのは6名。


命は簡単に数では量れないし、結果論になるんだけど、救出を諦めるという選択も非人道的ではないと思うのさね。危険な山ならば尚更だ。もちろん、このピーターのように、肉親が遭難したならまた話は変わってくるだろうけど。


映画だから当たり前なのだが、「主人公が助かったから笑顔でハッピーエンド」みたいなノリが私はダメなのかもしれん。他の死んでいった人達は何だったんだよー、とモヤモヤ。


捻くれ者はこういう映画を観ちゃイカンのだな、きっと。


スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
71: by クロツ大尉 on 2013/07/01 at 15:51:08

ビル・パクストンがけっこういい役なんですよね… エイリアンシリーズ、ターミネーターシリーズ、プレデターシリーズに皆勤してるのに印象に残ってない稀有なキャラのオーナーですよね(笑)

73:コメントありがとうございます! by ベネディクト on 2013/07/01 at 19:45:36

>クロツ大尉さん

こんばんは!!

ビル・パクストン、ナイスキャラですよね~!!

私が彼を初めて観たのは『タイタニック』だったので、
“夢を追う渋い男”というのが第一印象だったのですが、
後に『トゥルーライズ』など色んな出演作を観ていくうちに
気づいたら“死ぬほど情けない奴”という印象にすり替わっていました(笑)

ちなみに、私はクロツ大尉さんが記した作品たちに
彼が出演してた事を知りませんでしたねー。
それでこそビル・パクストン!!d(`・∀・)b

プロフィール

ベネディクト

Author:ベネディクト
映画への愛は半端じゃないですが、適当な性格なので、愛がうまく伝わっているか自信がありません。というか、何の話をしてるんでしょうかね、私。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR